税理士に関する情報サイト

税理士の始まり

税理士とは

税金に関してプロフェッショナルな方です。
税理士には業務上知りえた情報を漏洩しない責任がありますので、相談した方を不安にさせるようなことはありません。
納税者が自分で所得を計算して、納税額を明確にする際のお手伝いを税理士さんがしてくれます。
その他に、税理士は「税務代理」や「税務署類の作成」や「税務相談」や「e-TAXの代理送信」や「会計業務」や「補佐人」の業務を行います。
税に関する知識が豊富なため、子供に対する税に関する教育などにも熱心に取り組んでいます。
税理士記念日の日には、無料で税務相談を行ったりしています。
税理士は、通常行う業務以外でも、社会的活動を行っているため、非常に多忙な方が多いです。

知ってた?種類は3つ

税理士には種類がないと思われるかもしれませんが3種類あります。
「税理士」と「社員税理士」と「補助税理士」です。
税理士は、開業した税理士の事を言い、自分の事務所を持っています。
社員税理士は、税理士法人の社員として参加していて税理士法人の責任で働き、補助税理士は、他の税理士事務所に所属はしているけど、社員ではない税理士の事を言います。
3つ説明しましたが基本的には、最初に紹介した「税理士」に依頼するのが無難かなと思います。
個人事務所のため融通も聞きそうですな感じがしますし、漠然と安心感がありますよね。
依頼したい内容によって、どの種類の税理士が良いか考えてみてくださいね。
税理士のレベルや質も異なるのでしっかりとリサーチしましょう。


TOPへ戻る