税理士に関する情報サイト

費用ってやっぱり高い?

費用相場

税理士の顧問料は、企業の売り上げ金額によって決まります。
相場は、年間1000万未満だと月々の顧問料が20000円からで、年間5000万未満の売り上げだと月々顧問料が30000円からです。
その他に1億円未満だと月々の顧問料が4万円からで、1億以上だと月々の顧問料が6万円ほどです。
記帳代行料は、月々5000円から30000円が相場で、決算料が月々の顧問料の4か月分から6か月分が相場です。
税理士ごとに費用が異なるので、いくつかの税理士に依頼し、まずは見積もりを作ってもらいましょう。
それから、どの税理士にするか決める事をおすすめします。
月々費用が発生してしまいますが、業務の手間が省けるので状況によっては税理士に依頼した方が良いかもしれません。

税理士の業務の流れ

1か月のうちに行う業務は「記帳代行」「総勘定元帳や試算表作成」を行い「月次決算の詳しい説明や様々なアドバイス」を行います。
年間で行う業務は、「決算申告書の詳しい説明」「経営に関するアドバイス」「税務調査の立ち合い」などです。
依頼された時のみ「資金調達支援」「年末調整」「税務相談」「納税相談」「事業継続支援」の業務があります。
上記に書いたような業務をたくさんの依頼者に対して行っていると考えると税理士の業務は、相当多忙である事が分かりますね。
これだけの業務を税理士が代行してくれると考えると顧問料が安く感じてしまうのではないでしょうか。
これから税理士の資格を取りたいと考えてる方は、参考にしてみてくださいね。


TOPへ戻る